小物も注意! 財布編!

皆さんはご自身の財布、または旦那さんのお財布について気にかけてみたことはありますか?
私はブランド物には拘りはありませんが、いつも凛としている30代の素敵な上司に言われた言葉をいつも心に留めています。
その言葉は「いつも使うものだけは良いものを持つこと」という言葉でした。
今回はデキる大人の男として持ちたいお財布とはどんなお財布かを考察していきたいと思います。

 

社会人として、それはどう?と思う財布

財布は社会人として当たり前に持つべきアイテムです。しかし人によってはポケットを財布代わりにしている男性もいます。

私が定食屋でアルバイトをしていたとき、パンパンになった背広のポケットからじゃらじゃらと小銭を出す会社員がいました。それを見てとても驚いたことがあります。お金を大切に扱わない人に、果たして誰が良い印象を抱くでしょうか。これではせっかくのビジネスも台無しです。
いつどこでだれに見られても恥ずかしい思いをしないよう財布はきちんと持ち物として所有しましょう。

大人の財布のNGは?

財布を持てばどんなものでも良いというわけではありません。お財布の中でも最も印象が悪いのがビリビリ財布でしょう。ビリビリ財布とは、マジックテープ式の財布のことを言います。小学生・中学生で使用するならまだしも、大人の男性がこのビリビ財布を使っていることはとても恥ずかしいことです。

日本には動作に音を立てることは非常に失礼であるという文化もあります。そのためお金を扱う際にビリビリと音を立ててお金を出すのはある種マナー違反になります。またこのビリビリ財布は女性受けも最悪です。持っている人はぜひお財布の見直しを図ると良いでしょう。

大人の財布の選び方

財布は何を重要視するかで選び方が変わってきます。しっかりとして、かつ今どきの流行のデザインを取り入れた革財布であれば、イタリアブランドのイル・ビゾンテがおすすめです。また、少し個性を出したい、且つ私服にも合わせられる財布であればヴェルサス・ヴェルサーチがおすすめです。ヴェルサーチは高級ブランドのイメージがありますが、カジュアルラインであれば2万円代でもお財布が手に入ります。

また、奥様・彼女の立場からプレゼントを考えているのであれば、ボッテガヴェネタのお財布がおすすめです。
少し価格は張りますが、革ブランドの第一線で活躍しつづけているブランドですので、ほかの人からの評判も高いでしょう。またダンヒルもお勧めできます。おじさんブランドだと思われがちですが、近年は流行の形を取り入れ若者向けのデザインにも力を入れています。スーツメインの男性におすすめしたいお財布です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一概に財布といっても、奥が深い存在であることがお分かりいただけたと思います。もし自分が今使っているお財布がボロボロだな、と思う方は買い替えを考えてみると良いかもしれません。また働き盛りの旦那さん・彼氏のビジネス成功を祈って奥様・彼女から差し上げてみるのも良いでしょう。

毎日使うものを良いものにすると、自然と振る舞い方、物を扱う姿勢が変わってきます。
これを機に、皆さまも是非ご自分のお財布を見直してみてください。

 

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です