さりげない計算が必要? ファッション編

30代の男性ともなれば社会的な地位もある程度できますし場合によっては結婚して家庭になっている場合もあります。

身だしなみに関しては年齢相応の、社会的な地位を意識した普段からの心がけが必要だと思います。それはビジネスにおけるスーツでありプライベートの洋服に関しても同じことです。

女性受けがいい服装は?

大人の男性のファッションについて女性が気にするのは、ビジネスであれプライベートであれ実際にその男性がマッチした着こなしになっているかどうかです。わかりやすく言えば銀行員がピンクのスーツを着て仕事に行っているのは明らかにおかしなファッションだといえます。

また色や記事の組み合わせといった以前にワイシャツのシワが目立っていたりスーツのパンツのラインがきれいに出ていないとファッションセンスがあるないの以前に、社会人としての品格を疑われることになりかねません。まずは最低限のLINEをクリアした上でファッションに気を使うべきだといえます。

こんなのはNG!

通常のスーツを着こなすに当たって、ワイシャツの下に下着を着ていないといった基本的なマナーの問題からスタートだと思います。これは生理的に女性が引いてしまうところなので避けるべきではないでしょうか。類似する所で行くと靴下に関してもあまり薄手のものを履いて通気性を優先するがあまり、ファッションセンスがないのもいまひとつだといえます。

またプライベートで多少ぽっちゃりな体型の男性がピチピチのTシャツを着てみたり、痩せ型の男性があえてダボダボのジャケットを羽織るといったいかにも似合わないと言う着こなしはファッションセンスのなさが丸見えで女性としてもひいてしまうでしょう。

さりげない計算と似合う服装

ビジネスでもプライベートでも大人の男性としてはオーソドックスなものが好きだといえます。芸能人で言えば福山雅治や江口洋介のようなスタンダードなファッションを好む方々が多いのではないかと思います。ビジネスカジュアルであったりプライベートのジーパンやチノパンの着こなしの方法もいたってシンプルで洋服そのものを強調しないところが性別や年齢を問わず好感度の高いところでは無いでしょうか。

逆にスタイルは良くなかったとしてもお笑いタレントで言えばホンジャマカの石塚さんのような自分自身の体型を意識した着こなしであれば全く問題ないと思います。

まとめ

大人の男性のファッションの着こなしとしてはまずはオーソドックスなことを基本にすべきだと思います。あまり自分自身の個性を強調しようとして一般的なセンスを逸脱する事は最も失敗の多い事例です。ビジネスでもプライベートでも自分自身のファッションを強調するのは悪いことではありませんがあくまでもその守備範囲は一般的なレベルを超えてはいけないと思います。

そして、自分自身にどのようなファッションがマッチしているのか客観的な評価を得た上で決めていかないと独りよがりで失敗に終わることも多いと思います。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です